FC2ブログ


金曜の夜。
超久しぶりの夜遊びへ。

今年のNouveauは良いと専らの評判なので、これは飲んでおかねばということで、フレンチへ。
この後の予定があったので、近場のレストランをセレクト(初訪店)せざるを得なかったのが少々残念。

まずはグラスでNouveauを一杯。

うむ。

112001.jpg

どこのワインか見たことがなかったが、Nouveauのフレッシュさを持ち併せながらもやはり例年よりもしっかりとしたボディで旨い。
香りもふくよか。評判だけのことはある。

一杯しか飲まず名残り惜しかったが、メインのジビエ(山鳩)が来たので、ワインをNouveauからガッツリ目のものにチェンジ。

112002.jpg

112003.jpg

ふぅ。久しぶりのフレンチ。
ワインはやっぱり旨いなぁ!
(※注:このレストランは便宜上選んだだけで決してオススメではありません)




さて、本題。
食事の後は、予約しておいた『THIS IS IT』へ!

this is it

これは、珍しく「観に行きたい!」という家内の提案からだった。
結婚してからというもの一度も映画など観に行ったこともなく、実にもうかれこれ十数年ぶりの映画館体験。
(※補足:僕が忙しさにかまかけて家族サービスを怠っているという理由ではなく、家内が映画を観ると眠くなってしまいロクに鑑賞できた試しがないという理由からであり、決して誤解されませんよう!w)

僕の感想を一言で表すとすれば、「美しい!」という言葉。
何がって、ひとつのところへ目指している「人の美しさ」だ!

MJは正に「神」!
たった一言で全てをひとつの方向に導く大きな力と、その一言を発することのできる絶対的な責任を持ち併せている。また、それに応えられる大勢のプロフェッショナルなスタッフ達の何と素晴らしいことだろう。

今でもクルマでMJの曲を良く聴いてはいるが、映像を観ると大学生の頃「Beat it!」などがヒットしていてディスコやカフェバーで遊んでいた時分のことが蘇ってくる。「Thriller」のPVなどは当時画面にかじり付いて観ていたものだ。
因みに僕のFavoriteは「Billy Jean」。

だが、この映画では、「歌」というものの“素晴らしさ”・“力の大きさ”を再発見した。
僕も人に「感動」を与えられる立場に居る人間ではあるが、それは「歌」のようには行くものではない。
でも、努力すればもっともっと出来るのでは?
と、MJの「歌」と彼の居た「世界」は、思わせてくれた。




まだ、ご覧になっていない方々。
これは是非時間をつくって“劇場で”ご覧になって頂きたい映画だと思う。


2009.11.21 


Secret