FC2ブログ


今年のF1GP最終戦・Abu Dhabi GP

yas_04.jpg

Singapore Marina Bay Street Circuit同様、“ネオ”先進国というニュアンスをもつAbu Dhabi(アブダビ)のYas Marina Circuitの美しさには参ってしまった!
ちょっぴり未来的で、サーキットとそれぞれの建造物が描いている線と色の美しさは、「現代建築美」という言葉がピッタリだと思う。

yas_2008_5.jpg

巨額な資金を集め“勢い”で大開発が進んでいたのが一転、開発バブル崩壊の資金難から縮小に向かっているDubai(ドバイ)に対し、同じUAE(アラブ首長国連邦)に属する産油国であるAbu Dhabiは、国際ビジネスの中心地&観光地「究極のウォーターフロント・シティー」にするための開発を援助する数十億ディルハムの民間プロジェクト=ALDAR Properties PSJC(アルダー・プロパティーズ)が牽引する堅実で計画的な都市開発戦略のもと急激な経済成長が注目される国。
臨海地域には斬新なデザインのビル群が立ち並び、Michael Schumacherの名を冠した高層マンションの建設計画もあるというが、その要となるのが今回のF1GPの舞台となったヤス島にあるYas Marina Circuit(ヤス・マリーナ・サーキット)だ。

yas_01.jpg

高級ヨットハーバーを取り囲むように造られた全長5.554kmのコースは直線から急減速を繰り返す前半と、マリーナ沿いの低速テクニカルセクションに分かれており、オイルマネーを贅沢かつ粋に注ぎ込んだ超近代的な施設で、サーキット上に跨りグラデーションで色が変化するホテル!、美しいヨットクラブ付きのマリーナ、レースを100%カバーできるグランドスタンドなど、(その歴史は異なるものの)気分は正にモナコだ!

yas_03.jpg

日本人には絶対に創れない&造れないこの資金と感性!
それに史上初となるトワイライト・レースをやりきってしまうところなど何と粋ではないか!

25平方キロに及ぶヤス島全体の開発には、400億ドルが投じられ、このサーキットに加え、Ferrariが世界で初めて建設するテーマパーク=『フェラーリ・ワールド・アブダビ(仮称)』(※何と、アブダビ王族はフェラーリ社の株主!下図②番がフェラーリ・ワールド。昨日のGP放映中にもFerrariのロゴが入ったこのバカデカイ赤い屋根がチラッと映っていた)、ワーナー・ブラザーズ・テーマパーク、5つ星のホテルやブティック、ウォーターパーク、35万6000平方メートルの物販ゾーン、ゴルフコース、マリーナ、レストラン、と様々な娯楽施設、そして豪華な住宅が含まれている(下図参照)

yas_island.jpg

サーキットの設計は、近年のF1サーキット・デザイナーとして知られるHermann Tilke(ヘルマン・ティルケ)(1954年生、ドイツ人建築家)。
セパン(Sepang International Circuit)、バーレーン(Bahrain International Circuit)、上海(Shan HaiInternational Circuit)、イスタンブール(Istanbul Park)などの新設設計のほか、ホッケンハイムリンク(Hockenheimring Baden-Wurttemberg)、富士(Fuji International Speedway)の大改修も手掛けている。

彼はよく非難も浴びているデザイナーなのだが、上海ではコースレイアウト自体が漢字の「上」を象っていたり、セパンでは、グランドスタンドの屋根を「バナナの葉」を模し更にスタンドの一角を「ハイビスカスの花」を模した屋根を採用していたり、富士スピードウェイでは折鶴や神社仏閣の屋根などのモチーフを随所に盛り込むという風に、其々のサーキットにおいてその国が象徴するものをデザインに反映するという手法は僕のツボを突いている。

10億ドル規模の工事の末完成したYas Marina Circuit―

yas_00.jpg

ドライバー達からの評判も上々で、あのバーニー・エクレストンさえも「F1カレンダーの中でベストなサーキット開発だった!」と絶賛しているようだ。




一方、このサーキットのもうひとつの目玉でもあるYas Hotelの設計は、Hani Rashid(ハニ・ラシッド)率いるAsymptote(アシンプトテ社)
↓シブい!

Hani Rasid

Hani Rashidは、1958年カイロ生まれ、NY在住。“デジタル建築”に取り組む世界の若手デザイナー・グループの中では最も注目すべき気鋭の一人であり 、2006年8月にオープンしたSOHOALESSIの新しいショールームの設計を手掛けている。
それがきっかけとなったのか、ALESSI WATCHのデザイン↓までも行っている!

ALESSI WATCH

※プロダクトデザイナーである彼の弟のKarim Rashid(カリム・ラシッド)もALESSI WATCHのデザインを数多く手がけている。




さて、レースに話を戻そう。
前回のGPでバトンがワールドチャンピオンに決定していたので、レースの勝敗にはさほど興味が湧かなかったが、デビュー2戦目にして6位入賞・ポイントゲットした可夢偉の走りは素晴らしいものだった。
どうやら、Abu Dhabiが2010年のTOYOTAでのシートに向けたオーディションを意味していたようだ。
あの走りだとTOYOTAではなくとも来期のレギュラー・シート獲得への大きなアピールになっているはず。
可夢偉は尼崎出身。
尼崎市民としても僕は可夢偉を応援して行きたいと思う。




Links

Yas Marina Circuit official web site
ゲームがお好きな方は、こちらでYas Marina Circuitの走行体験をしてみてはいかが?
(※注:アップロードにチョット時間を要するし、テクニックをマスターするのに難しい)
Yas Island official web site

2009.11.02 


Secret