FC2ブログ



2009.04.13.mon. 深夜、仕事を終えた僕は独り155を夜通しブッとばし、嫁ぎ先まで最後のロングドライブを楽しんだ。

P1070852.jpg





縁があった155の嫁ぎ先は、遥か関東。

そして、お嫁入りの儀式はその少し手前にある『聖地』で行うことになっていた。

しかし、目的地に到着するや否や降り止まぬ雨・雨・雨…

それは155と僕の心の表れだったのかも知れないな。

155にとっても僕にとっても全く初めての地であり、清々しいお別れになるはずだったのだが…。

P1070859.jpg

『聖地』からは155の運転を新しいご主人に替わり、僕は初めて乗る助手席でご主人が運転なさる155を真横で眺めながら、嬉しい反面何とも言えない複雑な気分で見守っていた。

P1070862.jpg

155と僕はこうして、新しいご家族と一緒に丸一日あちこちドライブして過ごした。





最後、新幹線の駅でご家族と155に別れを告げ、独り大阪へ帰る僕は、今までの人生で全く経験したことのない気持ちで胸が一杯になっていた。

柄にもなく本当に涙が出そうになり、きちんと挨拶が出来たのかどうかもわからない。

そして、振り返ることなく改札口に向かう僕の背中に向けて、さよならを言ってくださったその言葉は一生忘れることのないほど脳裏にしっかり焼き付いている。

このご家族とは必ず永いお付き合いになることだろう。

少し遠いけれども、また新しいカーナンバーを付けた“育て子”を見に行くことは可能だ。

今、僕は155が本当に良いお家に嫁ぐことが出来たことを心底喜び、そして、この御縁を導いてくださったある方
に心から感謝している。






155
。今まで本当にありがとう!


2009.04.14 


Secret