FC2ブログ

number_1.jpg

日本のナンバープレート(自動車登録番号標)はことごとくイケてなーい!
これだけクルマも文化も進化しているのに昔のま~んま。
地名はまだしも、あの「ね」とか「ぬ」とか、変な平仮名だけは止めてもらいたいものだ!折角のクルマのデザインも台無し!(怒)

どうやら、その規格はアメリカに習ってその大きさを決めたらしい…なんでもかんでもアメリカに習う日本!これもまたアメリカかー!!(ーー)゛
日本で普通乗用車が付ける「中型番号標」(通称は中板というそうだ)の大きさは、横330mm×縦165mmである。

※因みにアメリカとカナダのナンバープレートは共に横304.8mm×縦152.4mm、つまり12inch×6inchで、横:縦の比率は2:1。日本も同じ2:1なのだが、何故かひと回り大きい。ダサっ!

number_2.jpg

こちらはたまたま見つけた台湾のナンバープレート。
アメリカサイズだろうか?日本のものよりは若干小さく思える…。

いま僕は、このくらいの位置までナンバープレートを下げて、このgtvのようにバンパー上部のラインを見せたいと考えている。
日本の縦が長くてダサいナンバープレートはフォグランプに重なってしまうのだが、それはもう致し方ないかと。
しかも、後期モデルのgtvの場合、ナンバープレートが若干上向きになってしまうのも気に食わない。

以前、どこぞのオフに参加したとき、フロントのナンバープレートを着けていないクルマをたくさん見たので、外しても大丈夫なのかとも考えたが、やはり常識ある人間は法規を守らねばなるまい。
フロントのナンバープレートに封印がないのは装着位置の自由度を残しているからに過ぎず、あくまでもバンパーから上の視認性の良い位置につけろということだ。だから外してダッシュボードに置いてあるのは違反ということ。
お巡りさんに捕まりたくはないからなぁ。



number_3.jpg

とにかく、ヨーロッパのナンバープレートを装着することを想定してデザインされたクルマだから、ご覧のようにヨーロッパ(これはイングランド)のgtvは随分サマになっている!

あぁ、せめて縦が短かければ良いのに…と、つくづく思う今日であった。
あぁ、悲しき日本…。


2009.07.09 


Secret