FC2ブログ


未だ到達地点の見えない『zoe』幌開閉機構の微調整だが、懲りずにまた挑戦した!
ピンの出方や上下位置の微調整、第一のモーターのワイヤー張力調整等これまでに触った箇所にも再チャレンジ。

そうこうしながらあちこちを弄っているうちに、各パーツがどういう仕事をしていてパーツ同士がどのような関連性をもっているのか、ようやく理解ができるようになってきた。(遅いって?)

092300.jpg

開閉システム全体の流れにおいては、重要と思われているモーター(特に第一の)なんかは意外に大した仕事をしておらず、いくつものパーツが何箇所かに付いている“センサー”から受ける指令により各々ほんの一部分の仕事を受け持ち、次のパーツにバトンタッチしながら開閉の動作が流れているということだ。

そうしているうちにこの日の妥協点が見つかり「今日はこれくらいにしといたろか!」と幌を閉めた瞬間、幌の骨組みを支えているボルト(以前調整したところ(←click))が抜けカランカランと転げ落ちる音が!
と同時に開閉スイッチが全く効かなくなってしまった・・・。これは、あの時あのボルトを締め直すことでうまく開閉出来るようになったように、まさにあのボルトの直ぐ近所に付いている“センサー”の誤動作によりスイッチが効かなくなっていることにほぼ間違いない。(そうでなければ、何度もスイッチをオン&オフさせたことで、どこかのヒューズかカプラーが焼けて消滅しまったか。)

ということで、どうやら覚悟を決めてあの特殊なボルトをカスタムオーダーしなければならなくなったようだ。
はぁ・・・『zoe』ちゃん・・・(涙)



p.s. ただ、この日の作業が功を奏して、“手動”で一応は開閉させることも出来るようになった(ポンプの油圧が効いていて結構重いため、力と時間を要するのは止むを得ない)。実は、これがとても大きな安心!(苦笑)


2012.09.24 


Secret