FC2ブログ


秋の夜長…にはまだほど遠い残暑がウザイ今日この頃、かねてからやりたかった作業に夜な夜な取りかかった。
916spider(中・後期)のウィークポイントである幌モーターギアボックスのメンテナンスだ。



【以下手順】

車体から外すのは簡単。

090713.jpg

じっくりと座って作業を行いたいので、家に持って帰ってくる。

090701.jpg

裏側。「UNUS MADE IN ITALY」と刻印されている。

090702.jpg

問題のギアはこの中だ。

090703.jpg

ギアがバラバラだったらどうしよ!? とかドキドキしながら… パカッ。

090704.jpg

おや?? きれい!?

090705.jpg

ん?? なんともないのか!?

090706.jpg

更に中へ進むと

090707.jpg

ありゃ! こっちか。

090708.jpg

はたしてこの部分の破損が原因でギアが咬んでしまいモーターが回らなくなるのだろうか??

考えても仕方ないので、まずは全てばらして古くなっているグリスを取り払い、ざっとクリーンナップする。

090709.jpg

新しいシリンコングリスをたっぷり注入してと。

ギアの破損した箇所はそのままだが、とりあえず、回転することで負荷が掛かるであろうウォームギア側から遠い方に持って行った。

090710.jpg

イマイチ意味の解らないパーツもあったが、元通りに組み立てる。

090711.jpg

以上、極めて簡単な作業。

090712.jpg

ギアの合わせ位置はしるしも何も付いてはいないが、このストッパーでアームが止まる位置が適切なのだろう。

さて、装着後ちゃんと動くかどうか!

明日、雨でなければ装着するとしよう。



2012.09.07 


Secret