FC2ブログ


年に一度の記念日。
去年はなんにも出来なかったので今年はちょっと贅沢にと、

091901.jpg

プラザアテネやタイユバン、ホテル・スクリーブ、ローヌのピッグなどで修業を積んだという女性Chefが腕をふるう可愛いレストラン『La Baleine(ラ・バレンヌ)』をチョイス。
Directriceも独特の空気感をもったとても素敵な女性。Chefの同級生だとか。

091902.jpg

頃合いの良いシンプルで優しいインテリア、流石女性!と思わせる上品なテーブルコーディネイト、そして微かに聴こえる落ち着いたBGM。

大阪の中でもここだけ別の時間が流れているようだ。
シャンパンで乾杯し、ゆっくりとゆっくりと食事を楽しむ。

食事は乗っけからその懐の深さを痛感させるものだった。
どちらかと言えばオーソドックスな手法ではあるものの、男性の料理人には決して出せない味わいだ。そして男性が女性客を意識するように作る料理のように妙に奇を衒っていないところなどは男性よりも潔い!
「料理ってこれほど作り手の“思い”で変わるものかと!」感動させらる料理だ。




料理内容は少しだけ好みを言ってあとはお任せにしたのだが、オードヴルだけで4品あった。
091903.jpg

テリーヌは、シャンピニョン、プルロット、ジロール、トランペットとキノコ尽くし。
ブルーのお皿が素晴らしく美しい!
091904.jpg

オマール海老のジュレ。
091914.jpg

大好きなフォアグラ。ここまでで十分満足!
091905.jpg

魚料理は帆立貝柱のグリエと、
091907.jpg

タチウオのポワレを夫々。
091906.jpg

ここでジャスミンティーのソルベ。不思議なくらいにリセット出来る。
091908.jpg

肉料理はブルゴーニュ産のマグレ・ド・カナールと、
091910.jpg

ジビエ好きな僕は、子ウサギ。ブルゴーニュの赤を合わてもらう。
091911.jpg

巨砲のデセールには「Bon Anniversarire!」とお祝いの書き文字。美しい!
091912.jpg

プティフールとエスプレッソ。
091913.jpg

この日のチョイスは我ながら大正解だった。
ChefとDirectriceから本当に良い“気”を貰えたと思うし、このように価値のあるお店を利用出来たことが心底嬉しかった。

また頑張って訪れたいな。Merci!


2010.09.22 


Secret