FC2ブログ


いつもイタリアンしか食べていないのでは?と思われがちなsivnieであるが、和食を除けば(和食の比率は本当に低い!)結構色んな国の料理は食べているし、ジャンキーなものも食べる。

洋食の回数に続き、中華や韓国料理を食べる比率も割と高く、昨日の夕飯も中華。
豚まん&水餃子だ。

011804.jpg

実は、この頃我が家では『◎◎祭り』なる夕食が流行っていて(つまり単品をヘビーに食べることなのだが)昨日は『豚まん祭り』だったというわけだ。この間などは数日間『キムチ祭り』だった。

何故『豚まん祭り』に至ったかというと、ずっとリピートして買ってきていた神戸・元町にある『四興楼(シコウロウ)』の味が落ちてきたのでは?ということから、神戸に出掛けたついでに豚まんの旨い処を新規開拓してお試ししようということになったからだ。

011801.jpg

で、お初にGETしたのがココ。神戸は諏訪山というところにポツンとある『杏杏(シンシン)諏訪山工房』

011802.jpg

gtvと豚まんという非常にミスマッチな画になってしまったが(汗)、ココ店は朝から中華粥が食べられるという家庭料理のお店で、数種の飽を作っていてお目当ての豚まんは『叉焼飽(やきぶたまん)』というもの。
その名からしてフツーの豚まんとは違う!と思われた。

もしコレがハズレだったらショックを受けてしまうので、メジャーどころから『一貫楼(イッカンロウ)』の豚まんと水餃子を買ってきた。

011803.jpg

(ちょっと見苦しいけど)これが『叉焼飽(やきぶたまん)』を割ったところ。

011805.jpg

少し小ぶりな大きさで、柔らかめのふっくらとした生地の中に“やきぶた”の名の通りサイコロ大の豚の胸肉の叉焼がしっかり入っている。五香粉(ウーシャンフェン)の香りがとても爽やか。
いわゆる豚まんとは全く別モノだったので「豚まん食べたい!」気持ち的にはチョット残念だったが、これはこれで本格的で十分に旨い。

で、こちらの『一貫楼(イッカンロウ)』の大きい豚まんでお腹を満たす。
学生時代、お風呂もないボロっちいアパートでしょっちゅう食べていた懐かしい豚まんだ。
もっと旨かったのになぁ!と思うが、歳をとって味覚も変わったのかな。

011806.jpg

さて、お次は何祭りで攻めるとするかな^^;

Ciao!

2010.01.19 


Secret