FC2ブログ


どうにかすれば叶う『夢』、

どうあがいても叶えられない『夢』、

『夢』には幾通りかの種類があると思う。




051400.jpg




僕は、またひとつ『夢』を叶えた― 「ピニンファリーナのクルマにもう一度乗る」という単純な『夢』。
単純だからこそ諦めるのは容易なことだったが、僕はどうにかすることを選んだ。

ずっと叶えたかった『夢』だ。

その『夢』を実現するため、僕が望む個体を探し続け、ようやく今のgtv にクルマに出会えることが出来た。

ついこの前まで、いろいろと行動を共にしてきた Alfa Romeo 155 がそうであったように、新しいクルマもまた同じように、そしてそれ以上にいろいろな出会いと思い出をつくるチャンスを与えてくれることだろう。

でも、ゴールはどこにあるのか…。

ゴールはとても素敵なものかも知れない、逆に目を覆うようなものかも知れない。
ただ、それがどうであれ、近い将来と自分の思い描く未来へ向けて、また一歩一歩新たな日々を一緒にそして大切に過ごして行こうと思う。



一人の、Enrico Fumia というデザイナーが世に送り出したクルマを、限られた人生のなかで2台も乗るという、僕にとっての大きな贅沢!

そのチャンスを得ることが出来た幸運と、このgtv 出会えたことに心から感謝している。




今後このブログに、僕と Alfa Romeo gtv との時間が生み出す、様々な話題を書き綴って行きたいと思う。


2009.04.17 


Secret