FC2ブログ


はたと気が付くと街にはクリスマスの装飾品がずらりと並び、もう年末がすぐそこに迫っていることを教えてくれているではないか。

「はぁ~年賀状の準備もぼちぼちやり始めなあかんのか…」と思いながら、ふと来年の干支が何だったんだろうと年賀関連の売り場を確かめてみた。

「巳年」かぁ!

僕の周りに巳年は居ないが、“蛇”なら僕達は馴染みが深いぞー。



emblems.gif



そう。Biscione(ビッショーネ)だ。

僕もこの蛇のエンブレムとはもう何年かの付き合いがあるが、このBiscione、元はと言えばミラノ国の領主ヴィスコンティ家の紋章を(おそらくは)同じミラノだからという理由で勝手にアルファロメオが引用したところに始まる。

biscione_1_20121113215214.jpg


ヴィスコンティ家・正規のBisioneは、このように今もミラノ市のあちらこちらの建造物などで見ることが出来るのだが、大蛇に人が食われているというグロいモチーフを、何ともなく800年もの間使用し守り続けているところが凄い。

biscione_2.jpg

biscione_3.jpg

biscione_4.jpg

biscione_5.jpg

このモチーフの由来や意味には諸説あるが、僕は<昔、湖に住んでいた大蛇が人々を食らっていて、その大蛇をヴィスコンティ家の祖先が退治した>という説が当たりでないかと思っている。

因みに、同じくミラノに本拠地を置くインテルナツィオナーレもBiscioneをモチーフにしている。こちらは“青蛇”。アルファロメオの“緑蛇”よりも怖そうな感じかな。

inter-nike-away-10-11.jpg

ミラノの人たちはみんな蛇が好きなのか!と思ってしまうが、食事といいエスプレッソといい自分たちの住む土地の文化や歴史や伝統を誇りに思い、きちんと継承して行く姿勢は素晴らしいものだと思う。



さてさて、肝心の年賀状はどうしようか?




2012.11.13