FC2ブログ


久しぶりにいい映画を見ることが出来たのでご紹介しておこう。

El Cantante

『El Cantante(エル・カンタンテ)』(2006年/アメリカ)

これは、サルサの黄金時代を築き、死後15年以上経った今なお“歌手の中の歌手”としてラテン音楽界に影響を与え続けているHector Lavoe(エクトル・ラボー)の壮絶な生涯が映画化されたもので、現代サルサの最高峰Marc AnthonyHector Lavoe役を、そしてその妻Puchi(プチ)役を実際の妻であるJennifer Lopezが演じている。(Jenniferはこの映画のプロデューサーをも担っている)

Jennifer  Mark
(上画像/MarcとJenniferは今や二児(双子)のパパとママ)

(下画像/晩年のHectorとPuchi本人)
Hector Y Puchi


サルサは、その明るいリズムとは裏腹にニューヨークに暮らすプエルトリカンらカリブ系移民の哀しみや望郷の念から生まれた音楽だが、そんなヒスパニックの哀しみを表現できる最高のアーティストこそHector Lavoeであった。

1946年カリブに浮かぶ島・プエルトリコのポンセという町に生まれたHectorは、音楽での成功を夢見て17歳で故郷を捨てニューヨークに上京。20歳の時、同じプエルトリカンであり17歳でアルバム・デビューを果たし瞬く間にNYサルサのヒーローに伸し上がった天才トロンボニストWillie Colon(ウィリー・コロン)と出会いコンビを組むことで、60年代後半のサルサムーブメントに乗って一挙にスターへの階段を駆け上がっていくのだが…。
栄枯盛衰。(よくNYのサクセスストーリーに登場するパターンではあるが)彼は眩いばかりの成功の裏でドラッグに溺れ、私生活は破滅の一途を辿って行くことになる。
その陰にはいつも妻Puchi(プチ)と無二の友Willie Colonの素晴らしい存在(支え)があったのだが、ドラッグだけでなくHIVにも蝕まれた彼の身体は二人の愛の甲斐もなく、1993年46歳という若さで終止符を打つこととなる。

彼の人生の終わりは、NYに住むヒスパニックにとって本当に辛いセンティミェント(ラテン語で「悲しみ」)であったことだろう。人々は彼のことを、「La Voz(声)」、そして「El Cantante(歌手)」と呼んだそうだ。

この映画は、正にサルサの如く、人の愛・夫婦・家族・友・人生・悲哀・死…といったものをしみじみと訴えかけ考えさせてくれる。

サルサ好きに興味がない方々にも十分に楽しんで頂けるだろうし、きっとサルサに興味を抱いて頂けるはず。
是非ヘッドフォンを着けて大音量でご覧頂きたいと思う。

因みに、Hector LavoeWillie Colonら15人以上で結成し、サルサ界だけでなく様々な方面に多大なる影響を与えた伝説のスーパー・オールスター・バンド=Fania All-Stars(下画像)のその名は余りにも偉大であり、あの「サザン・オールスターズ」も命名の基にしているそうだ。

fania-all-stars.jpg
(Fania All-Stars。写真右上が絶頂期のHectorだ。)




では最後に、映画のワンシーンよりHector Lavoeを演じるMarc Anthonyが歌う『El Cantante』、そして、ホンモノのHector Lavoe最後のコンサートで歌う『El Cantante』をよろしければご視聴あれ。





Adiós!

■El Cantante official web site

2010.03.17 


金曜の夜。
超久しぶりの夜遊びへ。

今年のNouveauは良いと専らの評判なので、これは飲んでおかねばということで、フレンチへ。
この後の予定があったので、近場のレストランをセレクト(初訪店)せざるを得なかったのが少々残念。

まずはグラスでNouveauを一杯。

うむ。

112001.jpg

どこのワインか見たことがなかったが、Nouveauのフレッシュさを持ち併せながらもやはり例年よりもしっかりとしたボディで旨い。
香りもふくよか。評判だけのことはある。

一杯しか飲まず名残り惜しかったが、メインのジビエ(山鳩)が来たので、ワインをNouveauからガッツリ目のものにチェンジ。

112002.jpg

112003.jpg

ふぅ。久しぶりのフレンチ。
ワインはやっぱり旨いなぁ!
(※注:このレストランは便宜上選んだだけで決してオススメではありません)




さて、本題。
食事の後は、予約しておいた『THIS IS IT』へ!

this is it

これは、珍しく「観に行きたい!」という家内の提案からだった。
結婚してからというもの一度も映画など観に行ったこともなく、実にもうかれこれ十数年ぶりの映画館体験。
(※補足:僕が忙しさにかまかけて家族サービスを怠っているという理由ではなく、家内が映画を観ると眠くなってしまいロクに鑑賞できた試しがないという理由からであり、決して誤解されませんよう!w)

僕の感想を一言で表すとすれば、「美しい!」という言葉。
何がって、ひとつのところへ目指している「人の美しさ」だ!

MJは正に「神」!
たった一言で全てをひとつの方向に導く大きな力と、その一言を発することのできる絶対的な責任を持ち併せている。また、それに応えられる大勢のプロフェッショナルなスタッフ達の何と素晴らしいことだろう。

今でもクルマでMJの曲を良く聴いてはいるが、映像を観ると大学生の頃「Beat it!」などがヒットしていてディスコやカフェバーで遊んでいた時分のことが蘇ってくる。「Thriller」のPVなどは当時画面にかじり付いて観ていたものだ。
因みに僕のFavoriteは「Billy Jean」。

だが、この映画では、「歌」というものの“素晴らしさ”・“力の大きさ”を再発見した。
僕も人に「感動」を与えられる立場に居る人間ではあるが、それは「歌」のようには行くものではない。
でも、努力すればもっともっと出来るのでは?
と、MJの「歌」と彼の居た「世界」は、思わせてくれた。




まだ、ご覧になっていない方々。
これは是非時間をつくって“劇場で”ご覧になって頂きたい映画だと思う。


2009.11.21 


ちょっぴり落ち着く時間が出来たので、久しぶりにDVDを借りてきた。

『天使と悪魔』

angel.jpg

『ダ・ヴィンチ・コード』の続編と設定されるこの映画は、トム・ハンクス演じる宗教象徴学者・ラングドン教授がヴァチカンを救うために秘密結社イルミナティと戦うという、スートリー自体は単純な“正義の主人公大活躍系”。
ヴァチカン市国・サン・ピエトロを中心に、ローマ市内数々の教会などが舞台となった映画だ。

さほど期待せずに観たのだが、ヒーローが実はワルモノだったーという展開(だから『天使と悪魔』という題である)などが意外に好印象で、僕的には『ダ・ヴィンチ・コード』より良かったかな。

rome_01.jpg

ローマが舞台となった映画と言えば、やはり『ローマの休日』が代表的だが、この映画もパンテオンサンタ・マリア・デル・ポポロ教会サンタ・マリア・デッラ・ヴィットリア教会システィーナ礼拝堂ナヴォーナ広場、そしてサンタンジェロ城と、(CGが多用されているのだとは思うが)美しいローマの建築や芸術を垣間見れるシーンは必見!
展開のキーとなる場所は、僕も過去に訪れ歩き回ったことのある名所ばかりだったので、場所関係もよく理解でき懐かしかった。

navona_02.jpg

メインで登場するクルマはLANCIA NEW DELTAAlfa Romeo 159(共にNero)
特に159は、よく映画で見るようになったなぁ~。

Sony Pictures Japan Web Site 『天使と悪魔』はこちら。

2009.11.19