長く生きていれば不思議なこともあるもんだ。
今日はそんな事を実感した日だった。

『Barcarolle』という古い楽譜が繋げた奇跡の縁。
原曲を聴いてとても穏やかな気持ちになった。





2012.10.06 
アラウンド・フィフティーにはヤバ過ぎるこの曲!
Art Attackの『Mandolay』
♪Say!Hey!~ Ahh~Say!Mandolay~!って歌いながら踊ったもんやわ^^;



踊りたなるやんw

この辺がツボの方は是非続きを↓ 

READ MORE▼

2011.12.10 

V嬢に右へ習えで500のCMから。

僕は、Jennifer Lopez'sが好きなんでこっちをね。
メイキング編でどうぞ!



曲は『Papi』=(スペイン語で)お父さん。



2011.11.24 

この間、とあるバーで耳にした曲。
懐かしい! けどなんやったっけ?Micheal Jacksonなんやけどなぁ・・・

今聴けば当時より何かグッと来る感じがした。
で、マスターにCDを取り出してもらって漸く判明。

今日は歌詞付きの動画を見つけたので、皆さんロマンチックな気分で聴いてみて!

Michael Jackson / The Lady In My Life


貴殿にとっての The Lady In My Life は何方かな!?(笑)

2011.06.22 


やっとのことで4桁のオーディオ・コードが入手出来た!

再設定は至って簡単。ほんの一瞬の作業だ。

073000.jpg

ということで昨夜から『chiaro』の車内BGMがふっかぁーつ!
夏の暑い夜、Dance Musicでひとっ走り。気分はIbiza♪

■Coracao Club Mix/Jerry Ropero & Denis The Menace
(画は不動、暇な方はお聴きください。)


2010.07.31 


日差しはもう夏!
外を動き回るのが段々憂鬱になってくる季節、クルマのBGMも夏モードにシフトしたいなぁと思っていたところ、丁度今日開幕となったサッカーワールドカップ南アフリカ大会でコロンビアの歌姫・Shakira(シャキーラ)が歌うW杯のテーマソング「Waka Waka (This Time For Africa)」が中々良い感じだと発見。(チョット軽いかな??w)



因みに曲のタイトル“Waka Waka”とは、カメルーンの言葉で Do it! Do it!という意味らしい。

この Shakiraや同じコロンビアの人気歌手・Juanes(ファネス)といった世界的なミュージシャンを集めたW杯の熱~い前夜祭 「2010 FIFA World Cup Kick-off Celebration Concert」が10日夜、ヨハネスブルグのソウェト・オーランド・スタジアムで開かれた。

出演者は、ShakiraJuanesの他、Black Eyed PeasAlicia KeysJohn Legendなどで、アフリカからもベニン共和国のAngelique Kidjo、マリ共和国のAmadou and Mariam、南アフリカのParlotonensなどが共演。

このコンサートは、ニュース映像くらいしか見られない日本を除き、アメリカのABCテレビによって全世界に中継されたらしい。
そんな残念な日本でも「2010 FIFA World Cup Kick-off Celebration Concert」のホームページ『VEVO』(←Click Here!)でLIVE視聴が可能♪
大きくて綺麗な迫力満点映像、コイツは必見では?

(注)LIVE映像は「JOIN 1 GOAL」のイントロの後始まるが、画面右下にある四角いボタンをクリックして大きくしてご覧頂きたい。但し長時間に渡るLIVE映像を流しっぱなしにしており、どのアーティストのところで始まるかは分からない。そのうえ、巻き戻し・早送り・一時停止等の操作が出来ないのが痛い…。ので、是非お暇な時にどうぞ!(笑)

ではまた。Ciao!

2010.06.11 


別にT社が好きなわけじゃないけれど、、先日紹介したSarah Brightmanに続き、またまたクラシカル・クロスオーヴァーよりご紹介。

Yucca『Victory Drive』



Yuccaは、『千の風になって』でメジャーになった東京音大・声楽学科卒の3オクターブの美声をもつ日本の女性。

軽過ぎず適度に落ち着き適度にリズミカルなクラシカル・クロスオーヴァーというジャンル、gtvの高速走行にとても良く合うと思う。

クラシカル・クロスオーヴァーってジャンルはその分類が曖昧でエレクトロニックやラウンジ、純クラシックなども含めたりと主観によって左右されるのだが、僕的には(少し古いが)ヴァイオリンのBondとかEdvin Marton、ピアノのWilliam JosephやくMaksimがおすすめ!

サッカー好きな方ならこれ↓も記憶にあるでしょ!
Maksim『Trentaz』



ピアノ弾けるオトコってカッコいいよなぁ!

明日はこれらを聴きながら京都へ。

2009.10.15 


クルマのCMに使われた曲というのは非常に耳に残っているものだ。

ふと、この曲が蘇ってきた。



TOYOTA MARK XのCM曲。(クルマ自体には全く××がないのだが…)
曲だけでなく、あの小っ恥ずかしいキャッチフレーズもしっかりと頭に残っていてとても懐かしい。
俳優・佐藤浩市さん出演の「部長と部下シリーズver.」

同シリーズでもういっちょ。
こちらはちょっぴり不倫っぽいムードが漂うオトナなヴァージョンw



この曲は、MARK XのCM以外にもTV朝日系サッカー番組等で度々使用されていたりで、あまりにも有名なので殆どの方がご存じだろう。
敢えて説明させて頂くと、この曲は、「オペラ座の怪人」ほか数々の大ヒット・ミュージカルでの主役を経てソロ・アーティストとしてデビューを果たし、「クラシカル・クロスオーヴァー」という音楽の新ジャンルを開拓したSarah Brightman(サラ・ブライトマン)『A Question of Honour』
映画『アマルフィ 女神の報酬』でも主題歌起用され“世界でいちばん美しい歌”とまで評される、日本でも非常に人気が高いシンガーだ。

では最後に、映画「The Last Samurai」をバックに彼女の歌うフルヴァージョンをどうぞ!
(小林幸子風なところがちょっぴり悲しい…)



しかしこの「クラシカル・クロスオーヴァー」というジャンル、結構気になる。

2009.09.23 


ロバート・デニーロが役柄によって体型や顔付きまで変えてしまうように、(そんな大そうなものではないが…)僕はいま仕事で進めているプロジェクトの文化的背景を日頃からイメージするように心掛けている。

丁度今取り掛かろうとしている某店のコンセプトには“少しノスタルジックなRock”が背景にある。
だからこの頃の僕の頭ん中はRock!
いつもRockが流れている。
極度の芸能音痴の僕には流行りの音楽など全く分からないから、よく遊んだ70年後半~80年年代くらいのものが蘇ってくる。

力強く少しかすれた声の男性ヴォーカリストがいい。

Bryan Adams
Bryan Adams 〈All For Love(with Rod Stewart & Sting), Heaven, Run To You〉


Bon Jovi
Bon Jovi 〈Have A Nice Day, You Give Love A Bad Name, Always, Runaway,
I'll Be There For You, Born To Be My Babe〉

といったところがドンピシャだ。

それをgtvの中で聴きたくて、まずはi-Tunesでリスト作り。

♪ユー ギィヴ ラァーァァヴ アバッネィームw


2009.09.17