※古い順にご紹介

Alfa Romeo 164L 3.0 V6 ('89) /col. verde metarico/Lhd/4AT

164L.jpg
<※参考画像>

僕にとっての初代Pininfarina車!Enrico Fumia による秀逸なデザインは今尚美しい。
当時のイタリアを代表するビッグセダンであり、本国で164に乗るエグゼクティヴに憧れたものだ。
ATと言えども、アルファの血統でもある卓越したV6エンジンは逞しく、流麗なボディを更に速く魅せていた。




BMW 325i M-tecnic ver. 2.5V6 ('87)/col. diamond black/Lhd/4AT

325i.jpg
<※参考画像>

国内500台限定で販売された稀少な車種。
僕にとっては最初で最後のBMWか…。
スラっと伸びた全く飾り気のないシンプルかつコンパクトなボディに、“シルキー・シックス”と呼ばれる優秀なエンジンが組み合わされリアドライブで駆動される。非常にニュートラルなバランスで振り回しやすく、そのフィーリングは今でも忘れないほど。




Alfa Romeo 155 Twin Spark 16V sportiva ('97)/col. nero/Lhd/5MT

155.jpg

これまでの人生のなかで、最も印象深いクルマ。
たくさんの仲間との出会いと素敵な時間を得る機会をつくってくれた。

何のことはないエッジの効いたスクエアなデザインは、“nero”という色と相まってあくまでもシブく美しい!
とても走ることが好きで僕に様々な要求をするクルマだった。

2009.04.14. 目出度く新天地へ嫁ぐ―

155については、特別に別途“思い出”のカテゴリーを設けておくことにする。




Alfa Romeo gtv (#916) Twin Spark 16V ('04)/col. girigio chiaro/Lhd/5MT
*現在の所有車

gtv.jpg


別途、詳細をご紹介!



2009.04.07