偉大なる僕らのPininfarina、ついに身売りなのか。
悲しいが致し方ない。そんな時代だと思う。
ただ、今は亡きセルジオ氏が居たならこの事態をどう思っているのか僕は知りたい。

pininfarina_carrozzeria.jpg

pininfarina_battista.jpg

sergio-pininfarina_20151115155504fe0.jpg

sergio-pininfarina_164_2015111515550595f.jpg

sergio-pininfarina (1)

sergio-pininfarina (4)

pininfarina_paolo.jpg

pininfarina_emblem_20151115160509b29.jpg

華やかな時代のPininよ永久に。






2015.11.15 


二人の相棒をなくした2012年から丸二年が経った。

20141229.jpg


「まだ二年かぁ。」・・・そんな感じだ。
人間、良いことなんてすぐに忘れてしまうが嫌なことはホントなかなか忘れないものだとつくづく思う。
僕の人生には多々無茶な行動があって、あの一年も出来ることなら絵の具で塗り替えてしまいたいと思う一年のひとつだろう。

序々に周りも変わってきた。
916も少なくなってきたようで淋しいな。
カーライフなんてのも難しいもんだ。

未だ拙ブログをご覧くださっている皆さん、本当に有難うございます。
どうかよい新年をお迎えくださいますように。




シブネロ



2014.12.29 


とんでもなく辛い一年だった2012年を経て、いま2013年があっという間に過ぎ去ろうとしている。

122800_20131228153733313.jpg

僕にとっては「やっと一年経ったか。」・・・そんな気持ちだ。
時はいろいろなものを解決してくれるようだが、消えない傷もあるものだ。二人の愛すべき友を亡くしてしまったあの日の残像もしっかりと残っている。
そして僕のカーライフ(洗車が趣味というだけだが)も一変し、カーライフの「カ」の字も無くなってしまった。

今年の年頭、何故か(将来のため??)「試乗を趣味にしよう!」と心に決めていたのだが、結局そんなことは一度もしなかった。きっと歳のせいでもあるのだろうな。

来年は、もう少し以前のように活発に動けるようになればいいな。
旧い友人たちと食事にも行こう。

かなり部品も欠品してきていると聞くが、916よ、どうか永遠に。
その気持ちは今も変わらない。

それでは皆さん、どうか良い新年をお迎えください。




シブネロ




2013.12.28 


2012年が終わる。
この一年に僕は疲れてしまった。
綴り続けてきたこのブログ、やはり宣告通り終えることにした。
こんな拙ブログでも多くの方々が日々訪問してくださっており、これまで読んで来てくださっていた方々には感謝と申し訳ない気持ちで一杯なのだが。

『Pininfarinaに乗るということ』
この名を題した時からそう思ってはいたが、途中で終わりを迎えてしまうことになったいま思えば、本当に大そうな題名だったと思う。
『Pininfarinaに乗るということ』
そのことがどうしたのか、何なのか。
しかも、たかがAlfa Romeo164916を所有したというだけで“Pininfarina”を括ってしまって良いのか!そんな恐れ多い…。

現時点でその答えは出ていない。
だからブログは終えるに際し、題名も変えておこうと思っていた。

だが僕そのものが終わるわけではない。
だからこれからも、(ひっそりとではあるが)その答えを見つけるために努力はし続けて行きたいと思う。もっともっと“Pininfarina”のクルマを所有し、もっともっと深く愛せるようになるまで。


goodbye_chiarozoe.jpg


さようなら。
そして916よ、どうか永遠に。

でもいつか、Pininfarinaに乗る僕を街で見つけたら、笑って声を掛けてよね。



シブネロ





2012.12.29 


はたと気が付くと街にはクリスマスの装飾品がずらりと並び、もう年末がすぐそこに迫っていることを教えてくれているではないか。

「はぁ~年賀状の準備もぼちぼちやり始めなあかんのか…」と思いながら、ふと来年の干支が何だったんだろうと年賀関連の売り場を確かめてみた。

「巳年」かぁ!

僕の周りに巳年は居ないが、“蛇”なら僕達は馴染みが深いぞー。



emblems.gif



そう。Biscione(ビッショーネ)だ。

僕もこの蛇のエンブレムとはもう何年かの付き合いがあるが、このBiscione、元はと言えばミラノ国の領主ヴィスコンティ家の紋章を(おそらくは)同じミラノだからという理由で勝手にアルファロメオが引用したところに始まる。

biscione_1_20121113215214.jpg


ヴィスコンティ家・正規のBisioneは、このように今もミラノ市のあちらこちらの建造物などで見ることが出来るのだが、大蛇に人が食われているというグロいモチーフを、何ともなく800年もの間使用し守り続けているところが凄い。

biscione_2.jpg

biscione_3.jpg

biscione_4.jpg

biscione_5.jpg

このモチーフの由来や意味には諸説あるが、僕は<昔、湖に住んでいた大蛇が人々を食らっていて、その大蛇をヴィスコンティ家の祖先が退治した>という説が当たりでないかと思っている。

因みに、同じくミラノに本拠地を置くインテルナツィオナーレもBiscioneをモチーフにしている。こちらは“青蛇”。アルファロメオの“緑蛇”よりも怖そうな感じかな。

inter-nike-away-10-11.jpg

ミラノの人たちはみんな蛇が好きなのか!と思ってしまうが、食事といいエスプレッソといい自分たちの住む土地の文化や歴史や伝統を誇りに思い、きちんと継承して行く姿勢は素晴らしいものだと思う。



さてさて、肝心の年賀状はどうしようか?




2012.11.13 


もう少しだけ一緒に遊びたかった。
大好きな『chiaro』と。

110300.jpg

ラストランまでの、少ない時間を大事にしよう。
昨日のドライブは少し感傷的になってしまった。



You are so beautiful/Joe Cocker



2012.11.04 

今年僕の周りでは「えっ!」っと思うような変化がかなり起きている。十年一昔と言うが、時代が移り変わっているのだろう。楽天家の僕も恐怖を覚えるくらいに…。

101801.jpg

情けないことに大した目標もなく目の前の仕事をひたすら追い掛けているうちに、僕は来月50の大台を迎えてしまう。
振り返ると、時代を見据え、そして家族のことをよく考え、年齢に伴った生き方が全く出来ておらず、若い時分から何ら進歩のない甘い生活を送り続けている自分を改めて反省し悔いている。

そんな気持ちと同時に身体のいろいろな変化(衰え)もひしひしと感じる毎日。
そろそろ自分を抑え戒め、50歳からの人生へ向けてアクションを起こして行かねばならないのだろう。

高級なクラシックカーならまだしも、これしきの(失礼!)クルマをいつまでもああだこうだと弄っている歳でもあるまい。このブログも来月には中止し、クルマとの距離も少し離そうと思っている。


2012.10.19 


やったなぁー!小林可夢偉。
同じ兵庫県人としてホントに誇らしい!
というか、所詮僕なんぞはそんな偉そうなことを言えた柄ではないが。

とにかく、素晴らしい人物というのは僕らみたいにフツーの人間とは違ってやっぱり何かが違う。
これは、若かりし頃のすごく可愛らしい可夢偉の姿を収めた映像だが、考え方そのものが僕なんかのガキの頃(いや、今と比べてもか・・・)と異なるのがありありと分かる。



可夢偉の更なる活躍を祈り応援を続けよう。




2012.10.08 

日曜日の台風。

093000_20121002173803.jpg

この日は『chiaro』と連れ立って出勤だったのだが、どうも『chiaro』の豪雨時使用率が高いような気がしてならない。

丁度一年前のミラフィオーリもこんな豪雨だったし(苦笑)

ついこの間洗ってやったばかりなのに…という些細な文句は置いといて、このくらい降ると昇降する度に丸い屋根からなだれ落ちてくる大量の雨で車内は水浸しになり、何とも言えない気分にさせられてしまう。いっそ庇でも付けたい心境だ。

嗚呼…デザイン至上主義の我らがgtv、これが最大かつ致命的な欠点だと思うのは僕だけだろうか。



2012.10.02 


壊れたミラーのせい(?)、いや気儘な可愛い『zoe』のせい!で今年は手荒い扱いをされている『chiaro』を洗車に。

092301_20120924224316.jpg

過去を辿ってみると、今年は何と未だたった2回しか洗車をしていなかったのだ!
あぁ可哀想な『chiaro』・・・。

092303.jpg

しかし、何だかんだしているうちにもう10月。
今年もあと3ヶ月しか残っていない・・・。

092302.jpg

光陰矢の如し。しかも年々その速度は速まるばかり。



2012.09.25 


今年に入って何回乗った??
ひょっとして3回目!?

082901_20120829194815.jpg

てな具合で、このブログでもすっかりご無沙汰な『chiaro』。今日は仕事のお供として滋賀まで高速で往復。

高速もローギア目でしっかり回して日頃のなまりを解消。

082902_20120829194813.jpg

やっぱり僕は『chiaro』が好きだなぁ~(笑)



2012.08.29 


ブログの更新はついに一ヶ月以上の間隔が空いてしまい、ご覧頂いてた方々にはスポンサー広告しかご覧頂けなくて本当に申し訳ない始末…。

今週後半に入ってようやく時間の余裕が取り戻せてきたので、いつ以来洗っていなかったのかさえ分からなくなっている『zoe』を洗ってやることにした。

082300.jpg

毎日のゲリラ豪雨はたまらないけど、夜の気温は少~し涼しくなり洗車もやりやすくなってきた。
来週は『chiaro』を洗うとしよう♪

さて、オープンで走れるのも近いかな!

2012.08.24 


昨日大雨の中を仕事に駆り出された『chiaro』を、さくっと洗車してやろうと連れだした。

062201.jpg

前回洗ったのはドアミラーが壊れたとき(←click)。つまり4ヶ月ぶりの洗車ってわけだ!

久々にスッキリした『chiaro』

062203.jpg

呪縛の右ドアミラー、外気温センサーの穴は(↓ ミラー下・中央部)こんな感じで放置している。

062202.jpg



2012.06.22 


『zoe』、昨日の雨の中を出動しドロドロになってしまってたので、思い立って洗ってやることにした。

今日は黄砂が酷かったようで、洗ってもいまひとつキレイには出来なかったが、それでも約2ヶ月ぶりの洗車!気分的には随分スッキリ。
洗車って何て気持ちの良いものなのでしょう!ネ!




さて、拭き上げの最終段階。
幌に撥水加工を施し十分乾いたところで幌を開け隙間の水気を拭き取りながら室内の掃除をする。

さあ!先日のアクシデントから5日経った今日、幌は開くのか閉まるのか!?

ドキドキしながらスイッチ・オン!
すると『zoe』、ウィ~ンと難なく鮮やかに屋根を開け、そしてサッと閉めてくれたのだ!

051800.jpg

日曜日の気苦労が嘘みたい・・・。

でも、どうせ再発するんやろなぁ~、まぁええかww




2012.05.19 


ちゃんと開けて走ったのは、実はこの前の日曜日が今年初めて。

051300.jpg

家内の練習(まだやってんのか!爆)をしながら気分良く流していたのはよいが、このあと駐車場で幌が閉まらなくなってしまった。
さすがに開けたまま駐車しておくなどということは出来ず、予約していたディナーはキャンセルして帰途へ…

はぁ~難儀だなぁ…
ショップに行くにも遅いし、最悪は屋根を開けたまま駐車しとかないとダメか…
ブツブツ言いながら家に着き、ドキドキしながら幌のスイッチボタンをプッシュしてみると…
ほっ。何とか作動!(苦笑)

『zoe』、久しぶりの外出だったので早く家に帰りたかったのかな!?
なんて思いながらも、先行きは非常に不安だー!


2012.05.15